カテゴリ:├S・B・M、整心整体体験談( 15 )



今回SBMを受けに来られたお客様は、 30代の女性です。

 敏感な体質で、人にも物にも影響を受けやすいため、とても疲れやすく、人の意見にとらわれて自分をうまく表現することができず軽いうつ症状を抱えているという事で した。

 身体の状態は、パソコン仕事で肩甲骨や首周りが固くなり、運動不足から全体的に筋肉が少なく、めぐりが不活性な状態です。
身体の感覚を麻痺させて仕事を続けているという印象を受けました。

 SBMの 施術中は、半分眠っているような状態でした。
後でお聞きすると、施術中は夢を見るように、幼い頃から成人するまでの出来事や、関係のないように思えることも含めて、アニメのように 様々なシーンが頭の中を駆け巡っていたそうです。





施術後は、自然とご両親の話題になりました。
お客様が仰るには、
「父と母は性格が真逆でした。私の進路を決める時にも、私の将来を考えてというよりは、それぞれに自分の考えを押し付けてくるのです。それも 真逆の事を言うので、私はいつも混乱していました。」

「母の父に対する感情も、父が母に持っている感情も、両方が私の中にあります。それが人間関係を築く上で、どちらのスタンスに立つのかという ような二者択一の思考方法を行う一因になっていたようです。本当に自分がどうしたいのか、どうすれば対処できるかという考え方になってい なかったんです。」

と、 ご自身で分析されていました。



今回行ったSBMは、SBM専用オイル(未販売)を使用し ています。

身体の表面にある負荷を浮き上がらせ、問題点が見えやすくなります。

e0205518_17445690.jpg




  負荷がたまってくると、どうしても身体のめぐりが鈍り重たくなります。
おのずと、柔軟な考えや理性的な行動が取りづらくなります。

そんな時は、温泉に入ったり、セキソルトの足湯をしたりといった方法で、この負荷を除く事ができます。

一番良いのは、運動やストレッチをして、体力と柔軟性を身につけ、常にめぐる身体を維持することです。

知力と体力があって始めて浄化力がついてきます。
そうして、意識と身体が統合された状態が、本来の人の姿になります。


 



{インストラクターの感想}

お客様の印象は、とても落ち着いて物事を多角的に深く考察することができていました。
その様々な視点の中で、一人何役も演じているように、考えが湧き出てきて、自分の意思を引き出す事ができないという印象で した。

施術後は、自分自身を冷静に分析し、紐解いて答えを導き出されていましたので、後は運動をして筋力と体力をつけることを、アドバイスしまし た。

e0205518_17485199.jpg


 身体 に負荷を溜め込んでいたり、うつっぽい状態の場合は、まず、身体の状態を上げることから始めます。
それでも、なかなか身体や意識が重す ぎて、自発的な行動に移れない場合は、こめきなこを毎日食べて、胃腸をととのえることをおすすめしています。
『胃は第2の脳』と言われているように、体内に入った病原体をくい止める最大の免疫器官であり、
必要なものを吸収し、不要な物を流すため、ここが正常に働くと意識にも変化があらわれると言われているからです。


テレビを見ていると、不安になるようなニュースが溢れています。
こうした情報に不安を煽られる場合は、テレビから離れる事も必要でしょう。



 お客様は、40代の男性です。
 喘息を患い、社会人になってからはストレス過多の状態が続いていました。
脳の不活性さも気にされていて、とにかくスペシャルでという事で、
来店されました。

 今回は、秘蹟のオイルにコンセクレイティッド・アロマのパチュリーを加えたオイルで、背中や頭部の負担を取り、下腹部にはクラリセージを使用しました。さらに、SBMオイルを全身に塗布し、むくんだ足先や指先の関節にも細かくオイルをすり込み、腰を緩めました。

施術後半にはぐっすりとお休みでしたが、半生を振り返るように様々な
記憶を思いだされたそうです。

 身体や記憶に蓋をしていた負荷が取り除かれた事で、本来の身体の感覚が
呼び戻され、本当に身体も心もひどい状態にあったのだと気づかれました。
古い記憶もあり、幼い頃の出来事が今もトラウマになっていた事。
喘息で薬を摂取し続けていた幼稚園児の時の記憶では、身体が拒絶反応を
起こしていたのに喘息の苦しさとの違いに気づかず、薬を飲み続けて気持ちも疲弊していた事。幼稚園に通っていた時の、日常の記憶を取り戻したと言うことです。

成人してからも、積もりつもったストレスが、頭を重くし、きちんと頭が働いていなかったんだという事にも気づかれました。

次回も同コースを受けて、もっと鋭敏な感覚で仕事をしたいと、
意気込んでおられました。

(※体験談は、お客様の了承を得て掲載しています)


{インストラクターの感想}

 今回の方の変化で顕著だったのは、
身体や脳に残る薬の影響に対して、コンセク・アロマが誘い水の役割をし、
SEKIオイルとの相乗効果で、薬によって蓋をされていた神経回路が
復活したようです。
1度でここまで身体の感覚を取り戻されるとは、コンセクレイティッド・アロマが性能をあげている証拠にもなるでしょう。
お客様が、本来の身体の機能や体力を取り戻し始めた事で、物事に対する認識が、とても冷静でフラットになったように思えました。

e0205518_22592827.jpg


 今回、頭部や背中に使用したコンセク・アロマのパチュリーは、
心的には気の遣いすぎや過敏になった神経を落ち着かせ、安定させます。
また、身体に対しては、過労で免疫力が低下しやすい方の疲れを取り除き、
胃腸の水分量を調節しますので、便秘や下痢など消化不良に対応します。

 下腹部に使用したクラリセージは、マスカット・ティーのような甘い香りが気分を高揚させ、ホルモンバランスを整えてくれる女性に優しい精油です。
緊張した神経を緩めて、鎮静する効果が期待できますので、男性の方にも違和感なく使用できます。

[クラリセージは、10月25日(日)13時~16時に開催します
『コンセクレイティッド・アロマでエイジングケア』セミナーで取り上げます。]



 10月より新たに始めた個人対応フルコースでは、
そのお客様に一番必要な施術を行います。
セキソルトの足湯はもちろん、コンセクレイティッド・アロマを使用したり、
神経反射療法や光指療法、筋膜療法など、必要かつ最大限の施術を、
全身のバランスを考えながら進めています。


 体験談を読んでもよくわからないというあなたには、
受けて頂くのが一番です。
ご自身の身体と五感で、この変化を感じて下さい。


10月より、新しくメニューに加わりました。

■個人対応 フルコース・・・50,000円

  今あなたに必要な施術を、必要なだけ。
  意識と身体が生まれ変わります。




 昨日、社交ダンスのフランス大会で
銅メダルを受賞されたJさ んから、
お喜びのご報告を頂きました。

 今春、いわき市から
SBMと 整心整体を受けにいらっしゃったJさん。

 その時には、身体は鍛え上げられ、
練習の厳しさが、お身体の状態から感じ取れました。

『レッスン後のストレッチや休息を取ることも、
身体とコ ミュニケーションを取る上で大切ですよ』
とお伝えしたのを覚えています。



その後、こうして大きな実りに繋がったことは、
ご本人やご家族はもちろんの事、
SBMをさせて頂いた私達の喜びにも繋がり、
前向きな気持ちを頂きました。



 何か目標がある時、行き詰まった時、
SBMと 整心整体で身体の負荷を取ると、
見落としていた視点や気づきが得られ、
障害打破に繋がる事は、
些細なことのようで大きく結果にコミット
しているように感じられてなりません。



春先に開催した『手作り味噌作り教室』で作ったお味噌も
遠征前に召し上がって頂き、
身体に優しく染み入ったのではないでしょうか?



Jさん、本当に、おめでとうございます。




負荷を浮き上がらせ、身体の意識の目覚めを促すSBMオ イル。

塗布した時の心地よさから、愛のオイルと言われています。

意 識や身体の変化著しい昨今、身体を正常に保つために必要とされ生まれたセキオイル秘蹟typeⅢ。

クセや力み、思いの堂々巡りと言った脳や身体に刻まれたマイナスのループを断ち切り、眠っていた本来の感覚を蘇らせます。



2つのオイルの相乗効果で、身体は、生まれ変わります。
e0205518_10265591.jpg

背負っていた過去の重荷を置いて、新たな旅に出る。

今日もお客様達は、身体と心を新たにして、お店を後にされました。



この感覚を知ってしまったら、もう以前の身体と意識には二度と戻りたくないと、誰もが思う、未来へ進むための シンロジカル・ボディー・メソッドで、もっと清々しく逞しく生きませんか?









高橋SBMインストラクター談:

Iさんは、来店当初、アトピーが悪化し、痛々しい状態でしたが、2回目ぐらいからストレスとなる負荷が自分の身体で処理できるレベルになったことで、免疫力が働いてきたようです。

怒りなどの人の感情には、マイナスのエネルギーが作用し、その対象となる人は、このエネルギーが蓄積すると、精神的な苦痛や身体の不調として表れてきます。

長期化してくると、精神面、身体面両方に、症状が表れてくる場合も多いのです。



整心整体は、このマイナスのエネルギーを処理し、対処できるようにしていきます。

病気そのものを治す事ではなく、人が本来持っている身体と精神の免疫力を高めて健全に導いていくものですから、状態が思わしくない場合は、薬を服用しながら、整心整体を併用する事で、無理なく心身の状態を整える事が可能です。




精神的な負担を解消してもらって2回目から、今まで効かなかったアトピーの薬の効果がでてきて、4か月ほどで、耳から首にかけてのかさぶたのような症状が無くなりました。


オペレーターの仕事で、お客様の言葉が、耳や首の負担になって表れていることが感覚としてわかるようになりました。

相手の方の言葉が強いマイナスのエネルギーを放ち、自分に作用していたのを理解できるようになって、人との距離感をどうとっていくのかを、体得できるようになっています。



月1、2回、継続して通わせていただいて、お陰様で、アトピーの症状は完治し、精神科の薬も、睡眠薬を1錠服用するだけになりました。


高橋さんの言ってくれた

「人間は本来、薬なんて必要としていないんです。そのぐらい、身体の免疫力と精神面の浄化力は、高いものです。その状態を取り戻しましょう!」の後押しで、ここまで良くなる事ができました。


そして、何より、自分を大事にできるようになったことに感謝しています。

(つづく)



オペレーターの仕事を5年ほどをしているのですが、電話をかけてくる方は、大抵、前日から、ずーっと溜めていた怒りや思いを、ぶつけられてくるので、気持ちが落ちます。
そしてフラストレーションがすごく溜まるんです。


自分の怒りが止められず、暴言をはき、顔が怒りに震えて、スゴい形相になってるのが分かるのですが、全くコントロールが利かず、仕事場の雰囲気を悪くしてしまい、人間関係もギクシャクさせてしまいました。


その内、感情の浮き沈みがコントロールできず、精神科のクリニックを受診する事になりました。


薬の服用で、感情の浮き沈みはある程度コントロールできるようになったのですが、逆に、常にぼーっとした頭の状態で、仕事に支障が出てきましたし、耳から首にかけてのアトピーが悪化してしまい、皮膚科の薬の服用だけでは、改善できなくなりました。


友人に相談した所、整心整体を紹介され、SBM東京サロンさんでお世話になることにしました。
(つづく)




毎週、通って下さっているR子さんは、70歳代前半の元気な女性です。
数年前、ご主人をガンで亡くされました。

SBM東京サロンに来られたきっかけは、ご主人が訴えるガンの痛みを緩和するために、セキオイルライト用を全身に塗布する緩和ケアの為、付き添いで来られていました。

ご主人が亡くなってからしばらくは塞ぎ込むことも多く、あまり外出もしなかったそうですが、1周忌が過ぎた頃から、周りの方々の励ましのおかげで、少しずつ外にでて、生きることに前向きになっていきました。

再び、東京サロンへ来られた時にR子さんは、こうお話しされていました。
「お父さんは、ライトオイルのおかげで、ガン特有の肌が黒ずむ症状も軽く、亡くなる数日前まではモルヒネを打つ必要もなかったんです。末期の癌とは思えないくらい、苦しまずに逝く事ができました。今度は、私が認知症予防のためにSBMを受けにきました。」
とおっしゃいます。
「しばらく家にいると、人とも話さないし、身だしなみも構わなくなるしで、だんだんだらしなくなってしまいました。早くお父さんの所へ行きたいと、いつも、お父さんの写真に話しかけていました。でも、お父さんの記憶が消えていく中で、残された私の生を受け入れなければと思い直すようになりました。が、気づくと家に引きこもりがちだったせいで言葉が出てこない。どこに何を置いたのかも思い出せなくなっていたんです」
そう話す時にも、あれが・・・、あの・・・と、言葉を思い出しながら、話されていました。

年齢を重ねると、風邪から肺炎を引きおこしたり、つまづいて膝をついたばかりに骨折してしまったり、症状は重くなる事が多く、一度怪我や病気をした時の、回復のスピードは若年者のようにはいきません。
e0205518_17185491.jpg

それから1年経った現在、R子さんは、週に1度のSBMと体操教室、毎日の散歩を続けながら、以前の生活に戻ったと仰っています。

SBMは、行き詰まった時に受けると、心も身体も生まれ変わったように切り替わり、一歩前進できます。それが週に1度なのか、月に1度なのかは個人差がありますが、年配の方に関して言うと、しっかりとアンチエイジングになっているようです。

誰でも、停滞期があり、体調の優れない日がありますが、自分で解決できないとか、停滞期が長引いていると感じた時には、SBMで意識と身体を切り替えましょう。
切り替えは早い方が、負担も少なくスムーズに軌道修正が可能ですよ。






「辛いので何とかして下さい」
Iさんから、急なご予約がありました。



毎日の残業の繰り返しで、身体が言うことを効かない状態でした。

まず、ストレスからくる緊張と負荷から解放していく施術を取り入れていきます。

そして、自分の身体のいたわり方をアドバイスしました。



3回目のSBMで、
身体の緊張がほぐれると、Iさんは、職場の不満を口にしました。

相当に鬱憤が溜まっていたのです。

出し切ると、Iさんの仕事に対する不信感と、今の自分の生きざまに疑問を持ち始めました。



ここで、意識の層を高める「浄化と上昇」を指導しました。

明るい意識の層で思考することで、前向きな創造ができるからです。

そして、Iさんは、実践します。



次のSBMで、
「浄化と上昇をすると、気持ちがすっきりと明るくなります。高橋さんに言われたように、その層でいろいろと考えたら、自分の諦めていた事に改めて気づきました。私は絵を描く事をあきらめきれなかったのです。」

私は「おめでとうございます」と一言。



その後、Iさんは、仕事をこなしながら、美大に通って、好きな絵を描き続けています。

絵を描く喜びを子供たちに広めたいと、新たな挑戦を始められたそうです。



苦悩や葛藤は、今の生き様に違和感がある表れでもあります。

偽れない自分の本心があるからこそ、苦悩や葛藤があるのです。

自分に向き合う過程で、自分の興味や進みたい方向が解ってきます。



そして、自分の中にしか答えがないということ。

その自分の中の生きる答えを見つけるサポートがシンロジカル・ボディ・メソッドです。



人間は、自分の個性を活かし発揮する為に、生を受けているように思えてならない今日この頃です。
お客様との会話から

お客様
「自分が社会の中で生きていく為には様々な事を頑張れるし、資格取得という目標を自分で作っているから頑張れる。周りの人が困っていたらなんとかしたいとも思う。
けれども、終わりがなくて。別に目標やクリアする事がなくて、このまま私が何もしないでも、この社会が変わるわけではないし、色々頭を悩ませていると、行き着くところ、この星が、そしてこの宇宙が消滅しても、別に関係ないし。私にはどうすることもできないし。
という答えに行き着くんですよ」と。


そこが、問題なわけですよ。


私には関係ないという無関心な態度は、私は悪くないと言っている事と同じなんですよね。

自分に責任はないと思いたい存在がいる。


「あっ。それに気づいたら、背中の痛みが取れて急に軽くなった。なんだか意識が変わりました」


SBMが終わったあと、こんな事話しても良いものかとお客様の方からおもむろに話しだした内容にテーマがあり、頭で理解するのと同時に、身体も理解するという分かり易い一例でした。


あなたは、体に痛みを感じると同時に、何かの思いに捕らわれたという経験はありませんか?


オイルを塗ると、身体の緊張が和らぐのと同時に、エネルギーが情報として出てくる事があります。
それを例えば、人に話しを聞いてもらうのも良いですし、文章にするのも良いですね。自分でなんとかしたい場合は、浄化と上昇をするとよいでしょう。


そうしていると、体が発する痛みのサインを、頭で理解し自然に解決できるようになります。
それが、本来の人の身体と脳の一つの関係です。


本来の身体と意識の機能を回復させるために、SBMを受けてみませんか?