パルマローザで、汗の臭い対策


日増しに暑くなるこの頃、毎年のこととは言えど、汗の臭いには気を使いますよね。

制汗剤は、汗を抑制して身体の自然な摂理を阻害していそうですし、着衣についてしまった汗の臭いまでは対処してくれません。

そこで、コンセクアロマのパルマローザを使った、汗の臭い対策をご紹介したいと思います。

パルマローザは、イネ科の植物で、ローズの香りに似ていることから、お化粧品や皮膚トラブルの処方に多様されるオイルです。

期待できる効能は、抗菌作用、抗真菌作用、リンパ排泄作用、抗ウイルス作用、神経強壮作用などがあります。

使用方法は、ホホバオイル10mlに対して、パルマローザ1滴を加え、よく混ぜてから1滴を両指に伸ばし、汗の多い、耳のうしろや脇、胸部や股関節、膝裏に塗ります。

発汗を邪魔することなく、うっすら漂うバラに似た香りは一日中保たれ、私自身も、その効果はデオドラント製品よりも安全で優れているように感じています。

こうして生活にアロマを取り入れる事で、芳香を楽しむだけでなく、毎日のエチケットやエイジングケアなど、便利で頼もしいアイテムとして身近な存在になることでしょう。

また、コンセクアロマはブレンドせず、単一の香りや薬効をお楽しみ頂く、今までにないアロマですので、是非、他のアロマとの違いもお楽しみ頂ければと思います。


※アロマは、植物などの成分を凝縮させた精油ですので、中には使用するうえで注意が必要なものもあります。
パルマローザですと、子宮収縮作用があるとされているため、出産時以外の妊婦の使用には向いていません。また、肌につける場合、キャリアオイルなどで希釈して使用するのが一般的です。敏感な方は、指定の希釈率よりもさらに薄めてご使用になることをおすすめします。
使用する前には、パッチテストを行い、何らかの反応が出た場合は使用を中止して下さい。手作り化粧品などは、自己責任の元、管理、保存をして頂くよう、お願い致します。


[PR]