<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月27日の土曜日は、ライト療法&鍼治療会の日です。

今回は勉強会をお休みして、終日治療会を行いますので、ふるってご参加下さい。

 ライトオイル・ライト療法が初めての方も、身体の負担がかかっている場所を
お伝えしますので、不快症状の原因が解りますよ。
 
 すでに、ご自宅でライト療法を実践されている方には、ひかり鍼をお勧めします。

 ライト療法で身体の滞りをとり、過剰に働いている機能は鎮静化します。
そこに、ひかり鍼を施すと、体にスイッチが入り、めぐりの良い伸びやかな
身体能力を発揮できるようになります。

 スポーツをされている方は、運動能力が高まり、集中力が
持続するようになったとのご報告を下さいました。

本来持っている人間の能力を開花させ、キャパシティーをあげる事が可能です。


ご予約は、SBM東京サロン、tokyo@shinlogy.com 03-6902-2577まで。
ご都合の良い時間をお知らせ下さい。
お待ちしております。

[PR]
by from-sbm | 2013-07-22 21:30

日本人女性の乳がん患者が急増しています。2005年には乳がんと診断された患者数は5万人を超え、女性が一生の間に乳がんになる確率は16人に一人と言われています。しかも、そして、若い方の患者数が増えてきています。


特別な病気ではないんですね。

しかし、昨年末にカルフォルニア大学バークレー校の研究チームが、おっぱいを揉んで刺激をすることで普通の細胞と同じ細胞分裂パターンに戻り、がん細胞にはなりにくくなるという研究発表をしています。


『胸をもむことで予防効果がある』という事ですね。


21日(日)に行います、「乳がんケア予防対策ワークショップ」では、乳がんの知識の整理と
簡単にできる乳がん予防ケアをご指導していきます。


大切な身体ですから、一生健康なまま、お付き合いしたいですね。

お待ちしています。


日時:7月21日(日)11:00~12:30

場所:SBM東京サロン メトロ丸の内線「茗荷谷駅」徒歩2分 
詳しくは、SBM東京サロンHPまで: http://www.sbm-tokyo.jp/
費用:500円(テキスト、サンプルオイル込み)

予約:SBM東京サロン tokyo@shinlogy.comまで。

[PR]

運命転換メソッド勉強会は、毎回テーマを設けて進めています。

 心・意識と身体の仕組みを知り、対処すると、単なるストレス解消にとどまらず、意識領域が広がることで、新しい発見や可能性を見いだせます。

運命転換メソッドは、身体側にある仕組みを整えていくことで、意識変換、運命転換が可能になります。

今回、意識の側から転換できる「浄化と上昇の方法」を紹介します。

精神学協会で、紹介しています。詳しくは、こちらのHPをご覧下さい。
クリック→「浄化と上昇の方法」

簡単に説明しますと、
ポイントは、リラックスした姿勢と、呼吸と、イメージです。
運命転換メソッドとの相乗効果が期待できるので、今続けている方も、さっそく実践してみて下さいね。

運命転換メソッドは身体側、「浄化と上昇の方法」は意識、精神面から、リフレッシュされていき、身体と意識が良い状態でかみ合ってくるわけです。

意識が明晰になり、冷静な判断ができ、身体側も自然に行動が伴ってきます。
おのずと良い結果が出てきますので、運命転換メソッドと言います。

 勉強会は、7月13日(土)、20日(土)、10時30分~12時 SBM東京サロンにて開催しています。
みなさんの不安や質問にも、できる限りお答えしていきます。
 初めての方も、大歓迎です。また、繰り返していくことで、運命転換の仕組みが身につきます。
無理なく継続してみて下さい。


日時:毎週土曜日 10時30分~12時
場所:SBM東京サロン 文京区大塚3-1-10ラ・ネージュ小石川201号
料金:2,000円(資料代・オイル使用代込)
お問い合わせ:SBM東京サロン 
         TEL:03‐6902‐2577 MAIL:tokyo@shinlogy.com

[PR]
by from-sbm | 2013-07-05 13:44
e0205518_17591019.jpg


7月23日(火)の19時より、鎌仲ひとみ監督作品「ヒバクシャ」上映会を開催します。

昨年の秋に、放射能対策勉強会と「内部被曝を生き抜く」上映会を行いました。
開催して実感したのは、収束が見られない福島原発の状況を考えてみると、本当に長い目で受け止めなければならない問題だと痛感したことです。

そして放射能対策にとどまらず、もっと根本的な問題を考えなければ、解決の糸口は見つけられないのではないか、という思いに至りました。

ここで出た問いが、
「何を大切にして生きていくのか?」「何のために生きているのか?」
そして、
「今、何ができるのか?」「何がしたいのか?」
という、普遍的なテーマです。

そこで、自分の意識の層を変えて、自分自信を冷静に観察する事で、放射能も生活の一部として受け止め、この状況をもプラスに考えられる姿勢が出てきたのです。

放射能をテーマにした映画を、視点を変えて見ることで、現実の受け止め方が違ってくるはずです。
上映会終了後は、茶話会も行います。自分には、今何ができるのか?なにがしたいのか? を考えながら、皆さんとの意見交換を交えて、生きる力を見いだせればと思います。

前向きに生きる為に、知る事から始める「ヒバクシャ」上映会。
皆様のお越しをお待ちしております。

☆ドキュメンタリー映画『ヒバクシャ 世界の終りに』 

確実に世界を覆い尽くそうとしている国境のない核汚染。使われる側にも使う側にも等しく被害をもたらす核。普通に生活している人々が知らぬ間に被曝し、緩やかに殺されていくという現実。この作品は見る事も、感じる事もできない核汚染の環境のもとで生きる、イラク、アメリカ、そして日本の人々の日常の姿を記憶し、彼等、ヒバクシャの声を伝えるために作られた。

ホームページ:http://www.g-gendai.co.jp/hibakusha/

日時:2013年7月23日(火)  18時30分より会場。上映19時~21時
終了後21時30分まで、茶話会を開きます。
   
費用:1,000円(資料代込み)
場所:文京シビックセンター 4階会議室A
会場HP:http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
問い合わせ先:SBM東京サロン TEL:03‐6902‐2577  mail: tokyo@sh

[PR]

今回、アロマセラピー検定資格をお持ちのお客様がいらっしゃり、クリーム作りは初めてという事でしたが、手際よく、あっという間に作られていました。
お客様は、普段はあまり選ばないと仰っていたラベンダーの精油を使われ、出来上がったクリームを手につけながら、ご本人のルーツにまつわるお話をされて、何かがしっくりきたようです。
後半はお客様の方から、コンセクシリーズ商品を自分流にアレンジして、日常生活に取り入れたいと、様々なアイデアをお話し下さり、私達も勉強になりました。


香りは、ダイレクトに大脳辺縁系に届き、様々な作用をもたらします。
今、医療の現場でも注目され始めたメディカル・アロマは、香る事で、病状の緩和や精神的負担を軽減させる、植物の成分と効能に着目した使用法です。

サロンには、安定期に入った妊婦さんより、寝室の枕元に置いているお清めの塩に、コンセクアロマを垂らして眠ると、気持ちが安定して癒されるというメールを頂いています。

芳香だけで充分に、気持ちも体も軽くなり、お部屋の空間も変わりますよ。

敏感肌で、アロマを直接肌につける事に抵抗のある方は、試香もしておりますので、お気軽にサロンへ足をお運びください。

[PR]