「ほっ」と。キャンペーン

喘息と心のトリガー 『コンセクレイティッド・アロマとSBMによる治癒の可能性』


 お客様は、40代の男性です。
 喘息を患い、社会人になってからはストレス過多の状態が続いていました。
脳の不活性さも気にされていて、とにかくスペシャルでという事で、
来店されました。

 今回は、秘蹟のオイルにコンセクレイティッド・アロマのパチュリーを加えたオイルで、背中や頭部の負担を取り、下腹部にはクラリセージを使用しました。さらに、SBMオイルを全身に塗布し、むくんだ足先や指先の関節にも細かくオイルをすり込み、腰を緩めました。

施術後半にはぐっすりとお休みでしたが、半生を振り返るように様々な
記憶を思いだされたそうです。

 身体や記憶に蓋をしていた負荷が取り除かれた事で、本来の身体の感覚が
呼び戻され、本当に身体も心もひどい状態にあったのだと気づかれました。
古い記憶もあり、幼い頃の出来事が今もトラウマになっていた事。
喘息で薬を摂取し続けていた幼稚園児の時の記憶では、身体が拒絶反応を
起こしていたのに喘息の苦しさとの違いに気づかず、薬を飲み続けて気持ちも疲弊していた事。幼稚園に通っていた時の、日常の記憶を取り戻したと言うことです。

成人してからも、積もりつもったストレスが、頭を重くし、きちんと頭が働いていなかったんだという事にも気づかれました。

次回も同コースを受けて、もっと鋭敏な感覚で仕事をしたいと、
意気込んでおられました。

(※体験談は、お客様の了承を得て掲載しています)


{インストラクターの感想}

 今回の方の変化で顕著だったのは、
身体や脳に残る薬の影響に対して、コンセク・アロマが誘い水の役割をし、
SEKIオイルとの相乗効果で、薬によって蓋をされていた神経回路が
復活したようです。
1度でここまで身体の感覚を取り戻されるとは、コンセクレイティッド・アロマが性能をあげている証拠にもなるでしょう。
お客様が、本来の身体の機能や体力を取り戻し始めた事で、物事に対する認識が、とても冷静でフラットになったように思えました。

e0205518_22592827.jpg


 今回、頭部や背中に使用したコンセク・アロマのパチュリーは、
心的には気の遣いすぎや過敏になった神経を落ち着かせ、安定させます。
また、身体に対しては、過労で免疫力が低下しやすい方の疲れを取り除き、
胃腸の水分量を調節しますので、便秘や下痢など消化不良に対応します。

 下腹部に使用したクラリセージは、マスカット・ティーのような甘い香りが気分を高揚させ、ホルモンバランスを整えてくれる女性に優しい精油です。
緊張した神経を緩めて、鎮静する効果が期待できますので、男性の方にも違和感なく使用できます。

[クラリセージは、10月25日(日)13時~16時に開催します
『コンセクレイティッド・アロマでエイジングケア』セミナーで取り上げます。]



 10月より新たに始めた個人対応フルコースでは、
そのお客様に一番必要な施術を行います。
セキソルトの足湯はもちろん、コンセクレイティッド・アロマを使用したり、
神経反射療法や光指療法、筋膜療法など、必要かつ最大限の施術を、
全身のバランスを考えながら進めています。


 体験談を読んでもよくわからないというあなたには、
受けて頂くのが一番です。
ご自身の身体と五感で、この変化を感じて下さい。


10月より、新しくメニューに加わりました。

■個人対応 フルコース・・・50,000円

  今あなたに必要な施術を、必要なだけ。
  意識と身体が生まれ変わります。


[PR]