継続は力なり。運動療法による認知症改善 (課外活動より)

10月3日(土)に有楽町で開催された「NPO法人 日本心身機能活性療法指導会 指導士国際交流研修会」に行ってきました。


各地域での、認知症や脳性麻痺の方などの改善の取り組みを紹介され、
知人も、東京で指導士として活動されていて、原因不明の両足マヒのお子さんの歩行回復の指導をされていて、その活動報告もされていました。


諦めないで、運動療法をこつこつ日々おこなわれていく患者さんの姿と献身的な指導士の姿勢、継続する事で達成できた時の喜びにグッときて、感動しましたし、身体のポテンシャルの高さを改めて、感じた次第です。


身体を活性することで脳や心の改善する事が、世の中に認知されてきたことは、すごくうれしいですね。


そして、精神性が身体に表れていることが、常識になる時も、近いのかもしれませんね。


志の高い皆さんとご一緒できて、心から嬉しくなりましたね。


参考:NPO法人 日本心身機能活性療法指導会
   
   

[PR]