双極性障害・躁鬱病を克服したYさんの経験談①


私は、双極性障害・躁鬱病で、入退院を繰り返していました。

仕事に復帰しても、人間関係や職務に、すぐに疲れてしまい、困っていた時に、整心整体を知り、通い始めました。

高橋先生が、精神疾患の経験をされているので、私の気持ちを察してくれて、安心して施術や指導を受ける事ができました。

整心整体を受け続けて、2か月ぐらいで、身体も気持ちも穏やかになり、逆に、薬の副作用というか、不快感が強くなり、医師に相談して、減薬できるようになりました。

今は、薬を服用することなく、生活できるようになりました。

因みに、最悪期の薬の量は、1日に16錠、飲んでいました。
以下は、その一部です。
・セロクエル(気分を落ち着かせる薬)
・デジレル(意欲低下を改善する薬)
・コントミン(吐き気を抑える薬・不安や緊張を和らげる薬)
・メイラックス(熟睡出来る様にする薬・不安や緊張を和らげる薬)
・ロヒプノール(熟睡できる様にする薬・寝付きをよくする薬)
・ワイパックス(不安や緊張を和らげる薬)
・デパケン(けいれ発作を抑える薬・気分をおだやかにする薬)
・リーマス(気分を落ち着かせる薬)

+不安時に、リスパダールと言う統合失調症の薬を1m、処方されていた時もあります。

                つづく。

[PR]