喘息・アレルギー症状とスピリチュアルエネルギー

e0205518_12513295.jpg

幼少の多感な時期や敏感な人は、アレルギー症状、喘息の症状を発症しやすいです。


きちんと医療で処置をすれば、よくなるケースも多いですが、それでも、改善が見られない場合は、スピリチュアルな原因も想定できます。


学校に行きたくないと喘息症状が出るというくらい、精神面が影響するのはよく知られています。本人の立場に立ってみると、学校に行きたくないと強く思うほど、精神的ストレスがキャパシティーの限界まで溜まっているのです。


そして、精神的なストレスは、スピリチュアルなエネルギーとして、呼吸器や皮膚などに変調として現れていきます。それを放置していると慢性症状になり悪化していくことになります。
変調をきたし始めた時は、身体側が、ストレスをシグナルとして示し、排出しているとも言えます。


まずは精神的なストレスを取り除くことが必要です。
そして、身体に表れたストレスもSBMケアで処理することができます。


もうひとつ大事なのが、周りの方が過度に心配や期待をしないことです。
思いはエネルギーなので、相手の方に負担になることも多いのです。


実際にお困りの方は、当サロンにお問い合わせください。

[PR]